2019 / 04 / 07

本日の総集編

こんな感じ ↑ で日記をまとめていくのも良いかもしれないと思った。特に詳しく書きたいことは、↓ のように別の見出しに分けて書けば良さそう。

呼吸法を導入してみた

日中はダラダラしていたが、夕方過ぎくらいになんとなく 超時間術 を読み返して、呼吸法について再確認していた。

改めて呼吸法の章を読んでみて、やはり呼吸について意識することはメンタルの改善や集中力の工場に結びつくのだということがわかった。

さっそく、自分の生活の中に取り入れてみたいと思った。超時間術の中で紹介されていた呼吸法は 5 種類あって、レベル分けされている。その中のレベル 1 の呼吸法に等間隔呼吸法というものがある。n 秒間、息を吸ったら n 秒間、息を吐く、というのを繰り返す最もシンプルな呼吸法だ。これだけでもストレス解消に効果があることが研究で証明されているのだそう。

そして、本の中にも書かれているのだが、この等間隔呼吸法は、Apple Watch の「呼吸」アプリで実施することができる。アプリを使わなくてもこの呼吸法を実施することはできるが、アプリを使用することによって iPhone の「ヘルスケア」アプリに記録させることができる。

最もシンプルで簡単な呼吸法であり、Apple Watch でも実施することができるため、まずはこの等間隔呼吸法を生活の中に取り入れてみようと思う。今まで Apple Watch の「呼吸」アプリを使用しておらず、通知をオフにしてしまっていたのだが、再度オンにした。Apple Watch から呼吸の通知が来たときは無視せずに呼吸をするようにしたいと思う。通知の回数は、とりあえず 4 回 / 日に設定した。

ちなみに、さっそく今日、本の中で紹介されていた 5 つの呼吸法について、どんなものなのかを把握するためにそれぞれ 1 回ずつ試してみた。今日試しただけですぐにメンタルが改善したりストレスが解消されたような気分にはならなかったが、なんとなく、やる気というか活力というか、よし、この呼吸法を習慣にしてメンタル改善やストレス解消をしてやるぞ、という気持ちになった。ただのプラシーボと言われればそれまでなのだが、科学的に効果が実証されたものだから、数週間以上続けていれば確実に効果は出るらしい。

呼吸法によって 1 日に実施すべき時間の目安は異なっていたのだが、最初のうちは時間を意識するよりも、毎日続けられることのほうを重要視して 1 日 5 分でも良いと書かれていた。慣れてきたら徐々に呼吸に費やす時間を増やしていこうと思う。

今日から呼吸に向き合う時間を作っていこう。

余談

「超時間術」をいつ買ったのかが過去の日記を検索しても出てこなかった。しかも Amazon の注文履歴を見ても出てこなかった。一体いつどこで買ったんだろう。

「いつ」については全く思い出せない。そのころは日記をサボっていた時期だったのかもしれない。「どこ」に関しては、Amazon で買った気がするんだけど履歴も残ってないし曖昧だ。もしかしたら前の Amazon のアカウントで買ったのかもしれない。調べたら今のアカウントはおそらく去年の 7 月くらいから使い始めているものなので、それより前に買っていたなら前の Amazon アカウントで買っていた可能性が高い。

なぜ Amazon アカウントを新しくしたかと言えば、ちょうど自分のドメインのメールアドレスを取得したときに、気持ちを切り替えるために Google と Amazon (他にもあったかも) のアカウントを新しくしたんだった。今思えば履歴とかのアカウントの記録がそこで途切れてしまうので新しくしないほうが良かったかもと若干後悔している。前のアカウントには Amazon ポイントも結構溜まっていただろうしなあ。

それはともかく、過去の日記検索で「超時間術」と調べたら出てこなかった。全部「長時間術」とタイポしていた。何回か入力しているはずなのに一回も気づいていなかったのが恐ろしい。IME の変換を信じ込みすぎてしまっている。

実は今日のこの日記もすべてタイポしていた。検索したときに引っかからなくてようやく気づいて直した。過去の分についてはすべてを直すのは手間なのでそのままにしておく。

今日の昼ごはん

カップラーメン。

今日の夜ごはん

冷凍食品。