2018 / 12 / 25

Apple Watch 使用レビュー 2 日目

今日は日中ずっと Apple Watch をつけて生活していた。

家から駅まで歩いているとき、ワークアウトの通知が来て自動で歩いている時間を計測してくれた。心拍数の上昇と GPS による位置情報の移動により運動 (歩いていること) を検知していた。

日中は、ずっと座りっぱなしでいると、立ち上がって身体を動かしましょうと通知が来るので、血流が悪くなることも防ぐことができた。

Apple Watch を付けている間はずっと心拍数を計測してくれているのだが、それを iPhone でグラフにして見ることができる。グラフを見ると、出社のために駅まで移動していること、会議室に移動するために階段を登っていることなどがわかる。さらに寝ている時間もわかるため、いつ起床したのかもグラフから読み取れる。

昨日は Apple Watch をつけて寝た。睡眠トラッキングアプリは調べてみるといろいろあるのだが、昨日はとりあえず AutoSleep という昔からあるらしいアプリをインストールして使ってみた。

起きてアプリを開いてみると、ちゃんと睡眠時間が計測できていることがわかった。心拍数から自動で計測しているらしく、寝る直前に操作をする必要がないのがとても良い。まだ 1 回しか使っていないのでなんとも言えないが、睡眠時間もかなり正確に取得できているようだ。

そして、Apple Watch の目覚ましを使って振動で起きたのだが、音で起きたときよりもすっきり起きることができた。かなりびっくりした。今日だけたまたまそうだったのかもしれないが、かなり目覚めが良かったので、しばらくは音ではなく振動で起きるようにしてみよう。

1 点、気になったのは、バッテリーだ。昨日は充電をしていなかったのもあるが、途中でバッテリーが切れてしまったので会社で充電した。Apple Watch は基本的に毎日充電したほうがよさそうだ。寝ているときにもつけたいので、家に帰ってきてから寝るまでの間、最適なのは、外しているお風呂の時間に充電するのが良いだろう。

今日一日つけてみて、さらに Apple Watch の魅力に気づいた。満足度も高いし、これは良い買い物をしたと思う。

これからも、いろんなアプリ、特に睡眠トラッキングアプリはいろいろあるのでいくつか試してみようと思う。

今日の昼ごはん

img_0637

睡眠記録

就寝 起床
04:30 09:00

昨日は Apple Watch に興奮していて寝るのが完全に遅くなってしまった。

次からは睡眠時間も記録されているので、スクショを貼るだけで済みそうだ。

運動記録

img_0644

img_0645

img_0646

いろいろトラッキングできている。

スモールゴール

目標 達成状況
毎日本を 10 ページは読む
「腕立て伏せ 10 回、腹筋 15 回、スクワット 20 回」を毎日やる