2018 / 10 / 31

Mac mini 登場!

昨日の Apple Special Event. October 30, 2018. をリアルタイムで見た。イベントの実況 もした。

登場したのは MacBook Air、Mac mini、iPad Pro の 3 点だ。やはりうわさ通り Mac mini が登場した。もうこの時点で購入が決定した。スペックも基本的にはマックスにして、キーボードとトラックパッドも購入する予定だ。

あとは容量をいくつにするかを迷っているが、やはり長く使用するものだから、ここで妥協はしないのがポリシーということで、すべてを最高カスタマイズにして注文しようと思っ...... たのだが、ここまで書いてもう一度値段を確認してみた。すると、463,800 円と出てきた。これは昨日のイベント直後に確認したのだが、一つ、見落としていることがあった。それは、この価格が税抜きであることだ。税込みで計算すると、なんと 500,904 円になってしまうのだ!

500,000 円を超えるとさすがにうーんと考えてしまう。463,800 円で買うことを迷わず、500,904 円で買うことを迷うのは、完全に数字に騙されている感がある1が、500,000 円を超えることを知って、一旦冷静な気持ちになった。

そして、この 500,904 円に加え、自分はキーボードとトラックパッドを購入するので、さらに高くなる。キーボード、トラックパッドともに 15,984 円 (税込) だ。しめて 532,872 円となる。

さすがにこれは高すぎるなと思った。これだと今自分が持っているマックススペックの MacBook Pro (最新モデル) の値段を軽く超えてしまうし、ここまで払うなら、もはや Mac Pro が買えてしまうからだ。Mac mini を買う目的、そして、Mac mini が欲しいと思った最初の動機について改めて考えてみた。

まず最初の動機は、小型パソコンを Mac に置き換えるというものだ。小型パソコンは、テレビに接続して、主に YouTube などを見るためのものとして買った。しかし、特に最近に至っては、マウスやキーボードが頻繁に動作しなくなるし、フリーズして再起動を余儀なくされることが多々ある。また、普段業務や趣味の開発で Mac を使っていることもあり、使い勝手が違うことによるフラストレーションが蓄積していたのだ。小型パソコンを買った直後は日記の更新もそちらで行っていたが、今となっては MacBook Pro で更新してしまっている。なぜなら、文章の書くときや、アップロードする画像を編集するときの、キーボードのショートカットやソフトなどの違いで Mac よりも使い勝手があまり良くないと感じているからだ。

そこで注目したのが、Mac mini だ。小型パソコンに置き換わるレベルの Mac 製品とは何なのかを考えたときに、Mac mini は、最低金額 50,000 円以内2で買える、Mac の中では破格のモデルだったのだ。

しかし、Mac mini は長いこと更新されていなかった。それで、ネットで調べてみたところ、近々 Mac mini が更新されるかもしれないという情報を得た。やはり買うからには一番新しいものを買いたいと思い、新しい Mac mini が発表されるのを待つことにしたのだ。そしてついに昨日発表された。それを待っていたのだ。

本来の目的としては小型パソコンに置き換わるレベルの Mac なので、一番安いモデルで良いはずなのだ。なぜなら YouTube などをテレビの大画面で見るためのパソコンなのだから。しかし、いざ買うことになると、やはり長く使用することを考慮し、なるべくなら良いものを買っておきたいという考えに至った。

それに、考え方を変えれば、この Mac mini を買うことによって、iOS アプリの開発などもやろうと思えばできるわけだ。iOS アプリに限らず、Mac なら普段の趣味の開発もストレスなくできるであろう。そう考えると、マックススペックの Mac mini を買うことは全然もったいない買い物ではない、むしろ払う金額以上の価値を与えてくれるに違いない。

というわけで、やはり買う Mac mini は一番安いモデルではなく、マックススペックのものを買うべきだという結論に至った。ただし、容量については議論の余地がある。買ってからスペックに不満を持ち、やっぱりスペックはマックスにするべきだったという後悔は避けたいので、スペックはマックスにするのだが、容量については 2TB も使う予定はない。しかもこの容量が一番高くなる要素3で、一番少ない 256GB と 2TB とでは 166,320 円 (税込) も違うのだ。256GB だとちょっと不安だが、512GB にしても、2TB より 130,000 円以上も安くなるのだ。

Mac Pro を買うのはちょっと違う、そして 2TB まで上げてしまうと MacBook Pro より高くなり、500,000 円を軽く超えてしまう。なので、容量以外をマックスカスタマイズにし、容量を 512GB にしておけば、Mac Pro ほど高額にはならず、それでいて MacBook Pro より安く 400,000 円を超えないのに最高のスペックが手に入ることになる。

ということで、現時点の結論としては、そのカスタマイズで行こうと思う。お届け予定日は 11/11。カスタマイズをするによって少し届くのが遅くなってしまうが、それは我慢することにしよう。

この日記を書き終えたら、もう一度頭の中を良く整理してポチろうと思う。購入金額は、Mac mini 本体が 358,344 円 (税込)、キーボードとトラックパッドがともに 15,984 円 (税込)、合計 363,768 円だ。

それと、今回は Apple ローン (オリコ) を使おうと思う。まだ MacBook Pro の完済ができていないが、こちらはふつうにクレジットカードで支払いをしてしまったため、金利がかかってしまうのだ。しかし Apple ローンを使えば金利 0% で購入できるので、今回はこれを使うことにしようと思う。

やはり Apple 製品を買うとき、またこうして悩んでいるとき、そして買って届いたときはとても楽しい。昨日の Apple Special Event でもかなり興奮しながら発表を見入っていた。今回買う Mac mini も、MacBook Pro 同様に長年愛用していこうと思っているので届くのが楽しみだ。

ちなみに完全に余談だが、昨日の発表会は小型パソコン (Ubuntu) で観ていた。観ていたときに限ってキーボードもマウスも (おそらくパソコン側の) 不調で全く反応せずかなりイライラした。しかも同時翻訳のストリーミングも流して、日本語での翻訳を聴きながら楽しもうと思っていたのに、そのタブすら開けない始末だった。しかし、Apple の発表会でのスピーチでは、しっかりとしたゆっくりめの英語でしゃべってくれたため、意外にも英語の音声で十分聴くことができた。イライラはしたが結果オーライという感じだった。

業務のこと

業務では、今日から API の開発に本格稼働した。正直言うと、ドメイン知識をかなり要するのでわからないことだらけだが、諦めずにわからないところはメンターの人に訊くことによってなんとか理解しようとした。説明を訊いてもわからないところが多々あったが、とりあえず、全く手がつかないというところから、既存のコードを見よう見真似で書き換えて形になるところまでは書けたので良かった。明日はこの続きをやるのだが、コードを書いて動かしてを繰り返し、少しずつ理解を深めていくことによって、業務での開発を楽しんでやっていこうという気持ちになれた。

今日の昼ごはん

img_0326

今日は、いつも一緒に昼ごはんに行く同期から、今日は厳しいかもと言われ、一人で食堂で食べることにした。しかし運の悪いことに、食堂でごはんをよそった直後くらいに「もうごはん食べに行っちゃった?」という連絡が来たのだ。あと 1 分くらい遅く行っていれば一緒に同期とごはんに行けたのだが、タイミングが悪かった。残念。今回の Apple のイベントのことについても話したかったし、また明日一緒にごはんを食べに行きたい。

睡眠記録

就寝 起床
02:00 > 09:30

昨日の発表会は 11:00 〜 0:30 までだったのでいつも通りの時刻に寝ることができた。まあ本当はもっと早く寝たいのだが。ちなみに発表会は 2 時間 (〜 1:00) だと思っていたが 1 時間半 (〜 0:30) だった。

スモールゴール

目標 達成状況
毎日本を 10 ページは読む 08:55 / 11 ページ
「腕立て伏せ 10 回、腹筋 15 回、スクワット 20 回」を毎日やる

昨日まで読んでいた「年収 1 億年になる人の習慣」を読み終えたので、今日からはこの本を読む。

img_0327

昔から人付き合いが下手なほうで、人間関係で苦労したり悩んだりすることが多く、その度に落ち込んだりストレスが溜まってたりしていた。この本に書かれていることを参考にし実践して人間関係で悩まなくなるようになったら良いなと思い、興味を持ったので買った。


  1. やはり Apple の魅せ方はうまいなあと思う。これだけ高いものを何の躊躇もなく買う気にさせる発表をするのは、ただただ称賛するばかりである 

  2. これは昨日の Apple のイベントが発表される前の Mac mini のモデルの最低金額だ。今は一番安くても 89,800 円だ。 

  3. カスタマイズの価格差はメモリと同じ