2019 / 02 / 01

REALFORCE PFU Limited Edition を購入した

昨日の夜、寝る前に、REALFORCE PFU Limited Edition を購入した。PFU の公式サイト では PZ-R2TLSA-US4-BK、東プレの公式サイト では R2TLSA-US4-BK という型番になっているが、どちらも同じものを指している (はず) だ。

先月の 27 日 に変荷重タイプの REALFORCE R2TLA-USV-BK を購入したばかりなのだが、これを購入したときに迷っていた PFU Limited Edition も気になって買ってしまった。

R2TLA-USV-BK の打ち心地が良いことは間違いないのだが、変荷重タイプの打ち心地が少し気になってしまった。変荷重なので端のキーは軽めに作られているので、人差し指でキーを打った感触と小指で打った感触が違うのが、個人的に違和感を覚えてしまったのだ。たとえば、人差し指で押す「F」キーなどは静電容量無接点らしい スコスコ という感触で打つことができるのだが、小指で押す「A」キーなどは ムニムニ した感触になっているのだ。キーが軽いというよりは、最後まで押し込めていないというか、打鍵感があまりなくてなんとなく変な感じがしてしまうのだ。

変荷重タイプはテキスト入力に最適と言われており、たしかに力の入りにくい小指で打つキーが軽いタッチで反応するのは良いのかもしれない。しかし、あくまで個人的な好みだが、小指で打つキーであっても、しっかりと打鍵感があるもののほうが良いと思った。そんなわけで、自分には変荷重タイプよりも等荷重タイプのものが合っていると感じた。

なので、R2TLA-USV-BK を選ぶときに候補として上がっていた PFU Limited Edition (R2TLSA-US4-BK) を購入することにした。単純に前に迷っていた候補の一つということもあるが、やはり HHKB Professional BT と比べると、HHKB は最高の打ち心地であるということがわかった。なので、HHKB ユーザに評判が高い仕様に仕上がっている PFU Limited Edition が自分にもしっくり来るだろうと思った。

R2TLSA-US4-BK は明日の午前中に配送予定になっている。届いたら早速、打ち心地を確かめてみよう。

今日の昼ごはん

img_0928

今日の夜ごはん

近くのお弁当屋さんでハンバーグ弁当を買って食べた。

アクティビティトラッキング

img_0943

睡眠記録

就寝 起床
03:00 11:00

スモールゴール

目標 達成状況
毎日本を 10 ページは読む
「腕立て伏せ 10 回、腹筋 15 回、スクワット 20 回」を毎日やる